新築建売住宅定義とは?メリットデメリットを知ってマイホーム取得の画像

新築建売住宅定義とは?メリットデメリットを知ってマイホーム取得

不動産コラム

新築建売住宅とは、戸建て住宅を取得するための一つの選択肢で、手間なく新築のマイホームを入手できます。

 

「庭付きの戸建てに憧れるけど、あれやこれやと決めるのは向いていない…」「とにかく早く家を建てたい!」などと思案しているなら、建売住宅がどんな新築物件なのか知っておくのがおすすめです。

 

新築建売住宅の定義とメリットデメリットについてみていきましょう。

 

新築建売住宅の定義とは?

 

新築建売住宅定義とは?メリットデメリットを知ってマイホーム取得

 

新築建売住宅の定義とは、土地と建物がセット販売される住宅です。

 

住宅がすでに建てられているのがポイントで、購入者は建築された物件を見てから、購入を判断できるメリットがあります。

 

また、建売住宅には、施工が完了している物件もあれば、建築途中の物件もあります。

 

基礎や骨組みなど、完成すると見えない箇所の施工をチェックできるのであれば、安心感があるかもしれません。

 

さらに、販売会社によっては、買主の希望を取り入れてくれるケースもあるようです。

 

壁紙の選択など、素人でも判断しやすい箇所について、好みを反映できるので、多少ですが家づくりに携われます。

 

細かい箇所まですべて決めなくてはならない注文住宅と比べると、負担をかけずに家を建てられるのが魅力でしょう。

 

基本的には、購入者の意向を反映せずに建てられた物件が、新築建売住宅だと覚えておきましょう。

 

新築建売住宅のメリットデメリットとは?

 

新築建売住宅のメリットデメリットとは何かについて、それぞれ3つずつみていきましょう。

 

▼メリット

・注文住宅より安価に新築物件を購入できる

・住宅購入にかかる手間が少ない

 

建売住宅は新築住宅に比べると、立地エリアや建物面積が同じ物件を、安価で取得できるのがメリットです。

 

打ち合わせが少なく、購入者が決める内容も多くないので、手間がかからないのも魅力でしょう。

 

▼デメリット

・好みを反映できない

・個性をだせないので画一的

 

間取りや設備など、好みを反映できないのがデメリットですが、万人に受け入れられやすいデザインや設計になっていますよ。

 

また、個性をマイホームにだしにくく、周辺の住宅と似たような家になりがちです。

 

建物の建設と同時に、周辺道路の整備もするケースがあるので、画一的ですが街並みが整っていますよ。

 

まとめ

 

新築建売住宅は、土地と建物を同時に販売する物件を定義とします。

 

手間なく新築住宅を購入できるので、仕事などで忙しく、家の建設に時間を割けない人におすすめです。

 

自分に適した建築や購入の手法を知って、満足度高くマイホームを取得してくださいね!

 

私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。

 

物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る