新築一戸建てを購入希望の方必見!契約の流れや立ち合い方法を教えます!

不動産コラム

柳澤 健一

筆者 柳澤 健一

不動産キャリア14年

満足のいく住宅購入のお手伝いが出来るよう一生懸命頑張ります!!

憧れの新築一戸建てを購入したいけど、流れがわからず一歩を踏み出せない方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

 

おうちは長きにわたり生活をともにするので、契約の流れを理解して、理想的な新築一戸建てを建てましょう。

 

そこで今回は建売の新築一戸建ての購入をご検討中の方に向けて、購入までと契約後の流れとはどのようにおこなわれるかをご説明いたします!

 

新築一戸建てを購入希望の方必見!契約の流れや立ち合い方法を教えます!



新築一戸建ての購入までの流れとは?


 

まずは新築一戸建てを購入するまでの流れをご説明いたします。

 

<物件探し>

 

物件探しは住宅展示場を見学するのも良いですが、いち早く地域の新築一戸建ての情報を発信している、地域に根差した不動産会社に相談するのもオススメ!

 

建売住宅だと完成前の物件を見学することもあるので、気になることは現地スタッフに質問して、完成をイメージできるようにしましょう。

 

<購入申し込み・住宅ローン事前審査>

 

購入する新築一戸建てを決めたら、購入申し込みと住宅ローンの事前審査をおこないます。

 

なかには申込時に申込証拠金が1万円から10万円ほど必要な物件もあり、これは手付金の一部に充てられ、契約に至らなかった場合は返金されます。

 

また住宅ローンを組む場合は、この段階で事前審査をはじめるのが一般的なので、金融機関やプランの検討を物件探しと並行しておこないましょう。

 

<重要事項説明・不動産売買契約>

 

契約当日に重要事項説明と不動産売買契約がおこなわれます。

 

その際パンフレットなどの住宅情報と比べて、住所や面積などに違いがないか、建ぺい率など法令に基づいた設計がされているか、手付金の記載に間違いがないかなどを確認することが大切です。

 

続いて契約書の説明がおこなわれ、確認ができたら売主と買主の両者が署名捺印し、契約締結となります。

 

念願の新築一戸建てを購入!契約後の流れや立ち合いはどうするの?


 

無事に契約を締結したら、住宅ローンの本審査と物件の立ち会いへ進みます。

 

源泉徴収票や印鑑証明書などの書類を提出し、1週間から1カ月ほどで審査結果が出るので、融資額や融資条件が決定したら晴れて住宅ローンの契約も成立です!

 

建物が完成したら、入居する前に内覧会がおこなわれるので、以下のポイントをチェックしましょう!

 

<不具合がないか>

 

床や壁にキズや汚れがないか、扉やドアはスムーズに開閉できるかなど、建物に不具合がないかを確認するのがオススメ!

 

不具合を見つけたら報告し、修繕してもらいましょう。

 

<図面通りに建てられているか>

 

契約時にもらった図面と照らし合わせ、建物がその通りに出来上がっているかを確認しましょう。

 

また確認しつつ部屋の寸法を測れば、新しい家具や家電を買う際の参考にもなるのでオススメです!

 

まとめ


 

今回は新築一戸建ての購入までと契約後の流れとは、どのようにおこなわれるかをご説明いたしました。

 

不動産の契約は何度もあることではないので不安や疑問もあると思いますが、不動産会社などと相談しながらスムーズに手続きを進めてくださいね!

 

私たち彩西不動産では、入間市をはじめとした埼玉県の新築一戸建て情報を豊富に取り扱っております。

 

不動産購入に関して何かお悩みでしたらお気軽に相談ください!

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る