マンションの固定資産税や評価額とは?軽減措置も知ろうの画像

マンションの固定資産税や評価額とは?軽減措置も知ろう

不動産コラム

マンションの固定資産税は、物件を取得したあとにかかる維持費の一つです。

 

マンションによって税額は異なり、自分で算出もできるので、購入前に概算を知っておけば、マネープランを立てやすいですよ。

 

固定資産税の概要と計算方法についてご紹介しますので、マンション購入を検討中なら、ぜひ参考にしてくださいね。

 

マンションの固定資産税とは?評価額の計算方法は?

 

マンションの固定資産税や評価額とは?軽減措置も知ろう

 

マンションの固定資産税とは、市区町村が課税する地方税で、所有する土地や建物に対して課せられる税金です。

 

毎年1月1日時点で所有する不動産に対して課税され、4月から6月ごろに通知が届きます。

 

支払いは一括と四期での分割を選択でき、都市計画税と合算して支払う地域もあるようです。

 

固定資産税の金額は、「固定資産税評価額」という基準値に、法律で定められた税率をかけて算出します。

 

式で表すと以下のとおりです。

 

固定資産税=固定資産税評価額×1.4%

 

標準税率は「1.4%」ですが、地域によって数値は異なるので、詳細はお住まいの地域の自治体ホームページなどから確認してくださいね。

 

都市計画税の税率は上限0.3%で、こちらも固定資産税評価額をもとに算出します。

 

固定資産税評価額も各市区町村が決定する値で、あくまで評価額であって、物件の購入価格ではありません。

 

土地は地価公示価格の70%程度、建物は建築費の50%から70%程度の金額が目安です。

 

マンションの固定資産税の計算方法と軽減措置

 

マンションの固定資産税の計算方法と軽減措置について、順に解説します。

 

▼税額の計算方法

土地:土地の固定資産税評価額×1.4%

建物:建物の固定資産税評価額×1.4%

 

固定資産税評価額と自治体の定める標準税率を知っておけば、簡単に算出できますよ。

 

▼軽減措置

 

固定資産税は税金が軽減される「軽減税率」を適用できます。

 

土地は条件を満たせば軽減されて、新築建物は一定期間優遇を受けられます。

 

土地では、最大で課税評価額の1/6に軽減され、新築建物では最大1/2と半額です。

 

いずれにしても条件を満たすのが前提で、土地の場合は、おおむねのケースで1/6へと節税できるでしょう。

 

建物に関する条件は土地より少し多いので、より注意して購入前にチェックしておくのがおすすめです!

 

まとめ

 

マンションを購入すると、固定資産税を毎年支払う必要があるので、計算式を覚えておくとチェックに役立ちます。

 

相場価格は軽減措置適用後で10万円から15万円と、安価な金額ではないので、送付される納税通知書の金額を自分でも計算し直してくださいね。

 

固定資産税は不動産を所有すれば、年間の固定費として計上される支出の一つなので、知識を深めておきましょう!

 

私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。

 

物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る