3階建て建売住宅のメリットとデメリットとは何か?の画像

3階建て建売住宅のメリットとデメリットとは何か?

不動産コラム

3階建て建売住宅のメリットとデメリットとは何か?

今回は建売住宅の購入を検討している方に向けて、3階建て住宅のメリットとデメリットをご紹介していきます。
実際のところ、どのような住み心地なのでしょうか。

弊社へのお問い合わせはこちら

3階建て建売住宅のメリットは狭い土地でも広さが取れる

まずは3階建て建売住宅のメリットからご紹介していきます。

狭い土地でも家の広さが確保できる

メリットの1つ目は、狭い土地であっても有効に活用できる点です。
たとえば主要駅の近くや繁華街の近くは地価が高く、土地があっても一戸建ての購入には高額過ぎるか、狭いかのどちらかになることがあります。
その場合、3階建て住宅なら狭い土地でも活用次第で家の広さを確保することも可能です。
面積が狭い分、土地の価格がかからないので、一戸建てを割安に購入できるのもメリットになるでしょう。

駅の近くに建設されやすい

3階建て住宅は、駅の近くやバス通りに面した場所などに建設されやすい傾向があります。
理由としては、建物を建築するための条件が厳しい場所に、3階建ては建設されにくいからです。
たとえば、第一種低層住居専用地域などには建てられません。
駅の近くやバス通りに面した場所は、商業地域などに指定されているので、建物に関する規制も緩く、3階建ての建売住宅も建てやすいのです。
駅に近く、便利な場所にマイホームを買いたい人にはメリットになるでしょう。

メリットの多い3階建ての建売住宅のデメリットとは

次に3階建て建売住宅のデメリットについてみていきましょう。

階段が多くなるので老後が大変

3階建てでは、階段がどうしても多くなります。
とくに狭小住宅では水回りなどを1つのフロアに収めるのが難しく、1階・2階・3階それぞれに設備がバラバラになることもあるでしょう。
そのため階段での移動が多くなるのです。
階段が多いと荷物が多いときに大変なほか、けがのリスクや老後の生活の大変さにも影響する可能性があります。
また家事導線に関しても、よく検討する必要があるでしょう。
2階のキッチンで料理をしている際に、洗濯物を1階で回していると、その間を移動する必要があり、また干す場所が3階などになっていると、さらに階段の昇り降りも増えてきます。
子供部屋も3階に設置する場合には、小さいうちは転落などに配慮する必要もありますね。
安全に家族それぞれが生活できるよう、よく検討しましょう。

耐震性に注意

2階建てや平屋に比べると揺れやすい特徴があります。
万が一に備えて、耐震性を重視しておきましょう。

要チェック|入間市の新築一戸建て

まとめ

建売住宅で3階建てを選ぶメリットとデメリットについてご紹介しました。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る