マイホームの大事な土台!住宅の基礎の種類はどれを選ぶべき?の画像

マイホームの大事な土台!住宅の基礎の種類はどれを選ぶべき?

不動産コラム

マイホームの大事な土台!住宅の基礎の種類はどれを選ぶべき?

住宅の基礎はマイホームを建てるうえで見逃しやすいポイントかもしれませんが、住宅の要となる重要な部分です。
住宅の基礎とは建物を作るまえにまず建築される床下のコンクリートの部分です。
今回は住宅の基礎の種類について、ベタ基礎と布基礎のそれぞれの特徴をお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅の種類の基礎とは?ベタ基礎の特徴とメリット

まず住宅の基礎とは、建物を支える下部構造のことです。
基礎は建物を支える重要な部分で、地面の湿気からも守る役割もあります。
マイホームではデザインや間取りなどの目につきやすい部分につい注目してしまいますが、住宅の基礎がしっかりとしていないと意味がありません。
住宅の基礎は耐震基準法で定められており、布基礎とベタ基礎の2種類があります。
まずベタ基礎ですが最近建築された一戸建てでも採用されることが多い工法です。
ベタ基礎は建物部分がすべてコンクリートになっているので、広い面で住宅を支えます。
そのため耐震性に優れているメリットがあり、地盤が弱い場所でも採用されています。
地盤が建物の重さに耐えられる力を持っていない場合も、地盤や建物がアンバランスに沈下する心配がありません。
すべてコンクリートで覆われているので湿気からも強く、地面から虫が上がってくるのも防げます。
木造住宅の場合シロアリ対策にも有効です。
一方で次にご紹介する布基礎と比較してコンクリートを多く使用するので、施工規模が大きくなりコストは高くかかります。

住宅の種類の基礎とは?布基礎の特徴とメリット

住宅の基礎の種類として、次に布基礎の特徴とメリットをご紹介します。
布基礎は古くから一般的な一戸建てに多く採用されている基礎の工法です。
こちらは床下に直接地面が見え、家の壁や柱部分のみを支える工法の基礎です。
ベタ基礎が面で支えるのに対し、布基礎は点で支える構造になります。
ベタ基礎と比較して建物を支える力が弱いように感じられますが、もともと強い地盤の土地であれば問題はありません。
使用する資材も少ないので建築コストも抑えられます。
また北海道などの寒い地域では冬は地面が凍結して基礎を押し上げてしまうので、布基礎の方が向いていることが多いです。
一方でベタ基礎と比較して湿気に弱く、シロアリ被害も受けやすいといったリスクもあります。

必見|入間市の新築一戸建て

まとめ

今回は住宅の基礎の種類について、ベタ基礎と布基礎のそれぞれの特徴をお伝えしました。
ベタ基礎と布基礎双方に違った特徴がありますが、一番重要なのは地盤の強さです。
基礎の種類を選択する前に、まずはしっかりと地盤調査を行いましょう。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る