日当たりに優れた戸建てを選ぶ考え方やチェックポイントの画像

日当たりに優れた戸建てを選ぶ考え方やチェックポイント

不動産コラム

日当たりに優れた戸建てを選ぶ考え方やチェックポイント

戸建てのマイホームを購入する際に、場所や価格、周辺環境など、重視したいポイントは多くあります。
そのなかでも、戸建ての快適性を大きく左右するのが「日当たり」といえるでしょう。
今回は、日当たりの重要さや、採光に優れた戸建てを選ぶ際の考え方やチェックポイントをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

「日当たり」のよい戸建ての重要さと考え方

ほどよい日当たりは、健康的な暮らしを実現するために欠かせない要素です。
日当たりのよい戸建ては、窓からの採光に優れ、体内リズムも整いやすいでしょう。
たとえば、朝目覚めて、窓からの光を得るだけでも体内時計が動きだすといわれています。
なにより、さわやかな日差しで目覚められると、よい1日のスタートを実感できますね。
一方で日が当たらない住まいでは、目覚めだけでなく、寝つきにもよくない影響があるとされています。
また、日当たりがよい戸建ては、家のなかにカビが発生しにくいのも健康面での利点です。
家族の健やかな毎日にとって、日当たりのよい家の重要さがわかりますね。
そのほかにも、洗濯物が乾きやすく家事効率がよくなる点なども、メリットとする考え方ができそうですね。

日当たりのよい戸建てを選ぶチェックポイントと方角による採光の考え方

日当たりのよい戸建てをマイホームにするためのチェックポイントを見ていきましょう。
まず考え方として、同じ土地や戸建てでも、日当たりは時間帯が変わることをふまえて、1日で何度か確認するのがおすすめです。
たとえば、午前と午後、そして夕方と数度にわたって現地を見れば、西日の差し方もわかりますね。
家の向きや間取りも重要です。
もっとも日当たりがよいのは南向きです。
南向きの戸建ての場合は、さらに周辺環境をみるのがチェックポイントです。
周囲に大きな建物が建っていないか、建築予定がないかなど確認しておきましょう。
南以外の方角からの採光も、それぞれ特徴があります。
たとえば、朝の光をとりこんで食事をするダイニングなどは、東から採光できる間取りがよいでしょう。
北側からの採光は、1日を通して安定した明るさになりやすいため、書斎に適しています。
西側からは、西日の暑いイメージが強いかもしれませんが、考え方によっては、冬も夕方まで採光がとれてあたたかく過ごしやすい住まいともいえるでしょう。
方角とあわせて、窓の大きさや間取りをチェックするとよいですね。

おすすめ|戸建て物件一覧

まとめ

日本人は、家を選ぶ考え方として、昔から「日当たり」を重要視する傾向があります。
実際に多くの人が、内覧などでマイホームを検討する基準のひとつにしています。
ぜひ、家族の健やかな暮らしのためにも、採光にすぐれた住まいをお選びください。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る