新築のマイホームには吹き抜けがおすすめ?メリットを知って検討しようの画像

新築のマイホームには吹き抜けがおすすめ?メリットを知って検討しよう

不動産コラム

新築のマイホームには吹き抜けがおすすめ?メリットを知って検討しよう

吹き抜けがある家はおしゃれで開放感を感じるので、憧れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
新築のマイホームは吹き抜けにしたいとお考えでしたら、メリットやデメリットを知ってから決めましょう。
今回は新築住宅の購入を検討している方に向けて、吹き抜けのメリットとデメリットや、活用のコツについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築住宅に吹き抜けを作ろう!メリットやデメリットとは?

吹き抜けとは、天井がなくて上下の階がつながっている空間のことです。
たくさんのメリットがありますが、快適に暮らすためにはデメリットもきちんと把握しましょう。

吹き抜けのメリット

天井がないので開放感があり、部屋が広く感じられるでしょう。
1階の窓からは日が入りにくい家でも、吹き抜けなら2階部分にも窓があるため光を取り入れやすく、明るい家になります。
2階からの光は奥まで届きやすいので、昼間は電気をつける必要がなく、電気代の節約にもつながります。
デザイン性が高くておしゃれな空間が演出できる点や、2階とつながっているためコミュニケーションを取りやすい点もメリットでしょう。

吹き抜けのデメリット

空間が大きいので、エアコンが効きづらいことが考えられます。
暖かい空気は上昇するため、とくに冬場は部屋全体を暖めるのに時間がかかり、そのぶん光熱費もかかってしまうでしょう。
また、本来2階になる場所が吹き抜けになるので、部屋の数や広さに影響があるかもしれません。
音やにおいが伝わりやすく、1階のテレビの音が2階まで聞こえてしまうことや、キッチンのにおいが2階まで届いてしまうことも考えられます。
天井の照明器具や2階部分の窓を掃除するのが大変なことも、デメリットです。

新築住宅に吹き抜けはおすすめ?活用のコツを押さえてメリットを活かそう!

吹き抜けにはデメリットもありますが、コツを押さえて活用すれば快適に過ごせます。
まず、寒い時期に1階がなかなか暖まらない場合には、空気を循環させるとよいでしょう。
できればシーリングファン、なければサーキュレーターを使うのも効果があります。
シーリングファンは、夏場に風を送るのにも役立ちます。
床暖房を検討したり、ホットカーペットを使用したりするのもおすすめです。
また、吹き抜けがある家を建てるときは、目的の優先順位を明確にしましょう。
日当たりをよくしたい、家を広く見せたいなどの目的によって、吹き抜け部分の大きさなどが変わります。
ほかにも窓の高さをそろえることや、照明の配置に気を配るなどのポイントがあります。
実際に生活したときのことをしっかりと考えて、おしゃれで快適な空間を目指しましょう。

必見|角地の物件一覧

まとめ

新しく家を建てるときは、吹き抜けを検討してみるのもおすすめです。
とくに隣の家との距離が近くて日光があまり入らない場合などは、明るい部屋にできる可能性があります。
快適な家にするために、住んだあとのことをしっかりと考えて計画を立てましょう。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る