住宅ローンの返済期限は変更できるの?繰上返済や返済年数延長ができるの画像

住宅ローンの返済期限は変更できるの?繰上返済や返済年数延長ができる

不動産コラム

住宅ローンの返済期限は変更できるの?繰上返済や返済年数延長ができる

高額な販売額の不動産は、多くの方が住宅ローンを利用して購入します。
ローンを組んで毎月返済し、住宅ローンの完済を目指しますが、ときにはローンの返済期限を変更したいと思うこともあります。
住宅ローンは、繰上返済や返済年数延長で返済期限を変更できます。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの繰上返済の特徴やメリット

住宅ローンの返済総額を少なくする方法が、繰上返済です。
繰上返済は毎月の返済とは別に、手元にある資金でローンの一部を返済することを言います。
返済した分の金額は、すべて元金に充てられるので、完済までの期間を短くして、支払利息を少なくし、返済総額を減らします。
金額によっては、返済総額を何百万円も少なくできます。
繰上返済は2つの種類があります。
毎月の返済額を減らさずに返済期間を短くする期間短縮型と、返済期間はそのままで毎月の返済額を減らせる返済額軽減型の2つです。

住宅ローンの返済年数を伸ばしたい場合は?

住宅ローンは繰上返済で完済までの期間を短くする他に、返済期間を延ばして完済までの期間を長くできます。

●年収と月収が規定金額以下
●現在返済困難な正当な理由がある


主にこの2つの条件に合致すると、返済期間の延長が認められます。
ただし、金融機関で延長の審査を行うので審査を受けて、審査が通るまでには時間がかかります。
住宅ローンの返済が困難になれば、ある程度余裕を持って、あらかじめ期間延長の申し出をした方が良いです。
延長が認められれば、最長で15年間延長できます。
大幅に収入が減ったような方であれば、一定期間の元金返済が免除され、利息のみの支払いになります。
返済が難しくなりそうで、住宅ローンの返済期間延長をしたいと思ったら、まずはローンを組んだ金融機関で相談してください。
弁護士も相談先として考える人がいますが、弁護士は法律の専門家であり、不動産の専門家ではありません。
相談するなら、不動産会社や金融機関です。
無理して支払い続けると生活が苦しくなり、ローンの支払いが困難になっても何もしないままだと、購入した不動産は競売に掛けられます。
少しでも住宅ローンの返済期間延長をしたいと思ったら、金融機関で相談してください。
返済方法変更書類などによって、ローンの返済期間延長の手続きを行います。

まとめ

住宅ローンは、毎月の返済額とは別にお金を用意すれば繰上返済でき、完済までの期間を短くして返済総額を減らせます。
返済が厳しいとなれば、一定の条件にあう方なら、返済期間の延長も行えます。
住宅ローンを利用したときは、状況に応じて繰上返済や返済年数延長を行ってください。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る