購入した建売住宅に欠陥がみつかったときの対処法はの画像

購入した建売住宅に欠陥がみつかったときの対処法は

不動産コラム

購入した建売住宅に欠陥がみつかったときの対処法は

もし一大決心をして購入したマイホームに欠陥がみつかったら…想像するだけで憂うつになります。
しかしながら、残念なことに、意外に購入後に欠陥がみつかることは多いのです。
そんなとき対処法を知っていれば安心です。
せっかく購入した我が家です。
きちんと対処して、快適な暮らしを手に入れましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

建売住宅の保証と欠陥がみつかったときの対処法について

よくある欠陥の事例としては、雨漏りや壁のひび割れ・亀裂、床の傾き、ドアの開閉の不具合が挙げられます。
これらは大抵、屋根や壁、基礎部分や床などの欠陥が原因です。
欠陥がみつかった場合、購入者はハウスメーカーや不動産業者など建売住宅の売り手に対して保証を求めることができます。
具体的には、売買契約の解除や補修工事の要請、状況によっては損害賠償の請求が行えるのです。
注意したいのが、欠陥と不具合の違いです。
住宅における欠陥は、建物の根幹を支える屋根・壁・床に問題がある場合を指します。
放置しておくと安全に住み続けることができない構造上の問題です。
それに対して、不具合はそれ以外の、たとえば給湯器や電気系統の配線の問題などを指します。
放置しておくと日常生活が不便に感じられる機能性の問題です。
建売の購入者が受けられる保証は、安全性を損なう構造上の欠陥に対してだけです。

建売住宅で欠陥をみつけるコツと対処法について

建売住宅で欠陥をみつけるにはコツがあります。
住宅建築の専門的な知識がなくてもコツさえ押さえておけば、構造上の欠陥を見つけることができます。
ポイントは、身近なものを使って確認することです。
たとえば、ビー玉やスーパーボールがあれば床の傾斜が分かります。
床に置いて転がるようであれば、水平でないことが一目瞭然です。
飲みかけのペットボトルは、耐震構造の確認に使えます。
床に置いて液体が揺れるようであれば耐震構造の不備が疑われます。
雑誌など直角がわかるものがあれば、床と壁の角度も確認できます。
床と壁が垂直でなければ、内見時にドアや窓の開閉に異常がなくても、いずれ影響が出てくるでしょう。
購入したあとで欠陥に気づいた場合は、売り主に補修や賠償を求めることができます。
万が一、住宅の保証に関して売り主とトラブルになった場合には、国土交通省が指定した専門の窓口があるので相談するとよいでしょう。
一級建築士が対応してくれます。

まとめ

建売住宅を購入して欠陥がみつかった場合、保証についての知識があれば慌てずに済みます。
できれば購入前にしっかりと確認して気持ちよく新居での生活を始めたいですが、住んでみなければ分からないこともあります。
欠陥をみつけたらきちんと対処して、安心して暮らせる家を手に入れましょう。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る