戸建てにおける境界トラブルの原因や確認事項とは?の画像

戸建てにおける境界トラブルの原因や確認事項とは?

不動産コラム

戸建てにおける境界トラブルの原因や確認事項とは?

戸建てで多いトラブルのひとつに、土地の境界に関する問題があります。
そのため不動産を購入するときは、隣接する土地との境目がどこにあるのかはしっかりと確認しておかなければなりません。
そこで戸建ての境界に関するトラブルの原因や、確認事項を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建てで起こる境界トラブルの原因とは

新築の分譲戸建てでは、区画が明確になっている物件がほとんどです。
そのため購入直後なら境界トラブルが発生するリスクは、あまり高くありません。
しかし中古や相続などで取得する場合、どこが土地の区切りなのかが曖昧だと、近隣住民とのトラブルの原因となる恐れがあります。

トラブルのおもな原因

古くからある土地では、かつては不動産価格が安く1区画も大きいため、境界があいまいでも大きな問題に発展するケースはあまりありませんでした。
しかし現代は土地価格が高騰しており、境目が1センチ違うだけで数十万円から数百万円の不動産価格差が生じます。
そのため戸建てにおいても、トラブル防止のため隣地との境目を明確にする必要があります。

戸建ての境界トラブルに巻き込まれないための確認事項とは

戸建てにおいてどこまでが自分の土地なのか調べるため、いくつかの確認事項があります。
まず確認したいのが境界標識で、隣地や道路を区別する目印の役割を持っています。
コンクリートや金属でできたプレートに、十字や矢印が刻まれたものが代表的な形状です。
さらにトラブル防止のため隣人にも立ち会ってもらい、現地で境界位置を明示してもらいましょう。
なぜなら戸建てでは売主の認識が、必ずしも隣人と一致しているとは限らないためです。
さらに隣人の立ち会い印がある「確定測量図」も、土地の範囲を確認するのに有効です。

空中や地中の状況もチェックする

境界を確認するときは、境目を越境しているものがないかもあわせてチェックしましょう。
たとえば樹木は枝葉や木の根が越境していないかや、落ち葉被害がないかなどを確認します。
また地中に埋設されている配管類の状況も確認しましょう。
自分の敷地内に隣家へ引き込まれているガス管や水道管があるかどうかは、管轄のガス会社や水道局まで問い合わせるとわかります。

まとめ

戸建てを購入するときに覚えておきたい、境界トラブルの原因と確認事項を解説しました。
不動産購入のタイミングは、隣地との境界をはっきりさせるよい機会です。
将来的に売却や増改築するときにも関わる問題なので、戸建てを購入するときは十分に確認しておきましょう。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る