失敗しない新築キッチンコンロの選び方とは?ガス・IHの特徴や注意点の画像

失敗しない新築キッチンコンロの選び方とは?ガス・IHの特徴や注意点

不動産コラム

失敗しない新築キッチンコンロの選び方とは?ガス・IHの特徴や注意点

新築の購入時、キッチンをこだわりたい、生活スタイルに適したキッチンを作りたい、と考える方は少なくないでしょう。
しかしコンロは主に2種類に分かれ、それぞれ独自の特徴があるためその判断は容易には行きません。
そこで今回は、これから新築の購入を検討されている方のために、失敗しないキッチンの選び方を解説いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築のキッチンコンロ選び1:ガスコンロ

ガスコンロはもっともオーソドックスなタイプで、多くの家庭で導入されています。
最大のメリットとして、鍋やフライパン、その他すべての調理器具に対応していることが挙げられるでしょう。
そのため、調理器具を選ぶ際に手間がかかりません。
また、調理をする際には「ゴトク」の上に調理器具を置いて使用することになるため、天板が傷つく、もしくは故障する心配がほとんどないのが特徴です。
電気が必要ないので停電時にも正常に機能します。

ガスコンロ使用時のデメリットや注意点

一方でガスコンロは「ゴトク」や天板に凹凸がある作りになっているため、掃除しにくいという欠点があります。
しかし、火の噴出口付近に埃やゴミが付着すると正常に機能しなくなる、もしくはガス漏れが発生する恐れがあるため、定期的に掃除やメンテナンスを忘れずにしましょう。
また、火を使用するため調理中に部屋の温度が上がりやすい、使用時にはお子さまやお年寄りの安全に気をつけるなどの注意点もあります。

新築のキッチンコンロ選び2:IH

そもそもIHとは、「Induction Heating」の略で、電磁誘導加熱機器を意味します。
ガスで着火した火の熱で調理するガスコンロに対し、内蔵されている磁力線に電流を流し、そこから出た熱で加熱を行います。
通常、ほとんどの機種は天板が平になっている、もしくは凹凸が少ない設計になってことから、圧倒的に掃除がしやすい、そもそも汚れにくいなどの魅力があります。
また、火を使う場合と比べ、発生する熱がそのまますべて調理器具に伝わるため電熱の効率が非常に高いです。
その他にも、引火するリスクが低い、火力調整、安全装置などの機能が優れているなどの点がメリットとして挙げられます。

IHコンロ使用時のデメリットや注意点

IHを導入する際には対応する調理器具を使用しなければなりません。
基本的に金属でできたものは使用可能ですが、一部にアルミが使われているフライパンや鍋、土鍋などは使用できないため、事前に確認した上で購入しましょう。
また、天板が加熱するまでに時間がかかる、誤って触ってしまい火傷を負う、といった使用上の注意点もあります。
電気が動力であるため停電時には使用することができません。

まとめ

双方にそれぞれメリット、デメリットがあるため一概にどちらが良いとは言えません。
特徴を理解した上で、生活スタイル、家族構成を考慮し、最適なキッチンを選びましょう。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る