本当に必要?ロフト付き新築のメリットや作る際の注意点の画像

本当に必要?ロフト付き新築のメリットや作る際の注意点

不動産コラム

本当に必要?ロフト付き新築のメリットや作る際の注意点

家の屋根、もしくは天井裏のスペースを活用するロフトを作ることで日々の生活がより快適になることがあります。
しかし、実際に設置、使用する際にはいくつかの注意点があるため、ただほしいという理由だけでつくるのはよくありません。
今回はこれからロフト付きの新築の購入を検討されている方のために、特徴やメリット、デメリット、また注意事項について詳しく解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築にロフトを作るメリットや特徴

ロフト=屋根裏部屋という印象がありますが、実は建築基準法によってその高さや床面積、規模などが厳密に定められています。
特徴としては、ロフトとは部屋の一部のスペースを2層式にした、天井もしくは屋根の下部空間を指し、高さ1.4m以下、床面積が部屋全体の半分以下の規模のスペースです。
この規定を満たさない場合、部屋もしくは1フロアとして見なされます。
最大のメリットは、「デッドスペース」と呼ばれる、部屋にある無駄な空間を有効活用できることです。
一般的には日用品や食料の貯蔵場所、季節物の衣類や家電製品、普段あまり使わない家具などを保管するのに大変重宝します。
保管場所としての活用以外にも、趣味のための部屋、書斎、子供の遊び場など秘密基地、隠れ場所としての活用も可能で、住人の嗜好によってさまざまな使い方ができるでしょう。
また、ロフト付きの住居を建てるためにはある程度の高さを確保することになるので、より開放的で広々とした雰囲気を感じることも可能です。

新築にロフトを作るデメリットや注意点

一方で、ロフトを作ることでデメリットが生じることもあります。
当然ですが、新築を建てる際にはより多くの費用がかかり、メンテナンスや掃除など住み始めてからの手間も増えるでしょう。
非常に特殊な空間であることから熱がこもりやすく、湿気やカビの原因につながりやすいというデメリットも生じます。
また、特に小さなお子さまがいるご家庭の場合、ケガや事故の原因につながる恐れがあるため、ハシゴの登り降りや段差など使用関して細心の注意を払わなければなりません。
もっともありがちなことは、結局使わずにただの物置場になってしまうというケースです。
最初は積極的に使用していたけれども、ハシゴの登り降りが面倒で使わなくなってしまった、という事例はよくききます。
お子さまの成長や家族構成、生活スタイルの変化によって徐々に使用頻度が減少することも珍しくはありません。
費用と手間を無駄にしないためにも、新築を建てる際にはじっくり時間をかけて検討しましょう。

まとめ

有意義に使用することができれば無駄なスペースを収納、遊び場、書斎など有効に活用できるロフト。
一生に一度の大きな買い物をムダにしないためにも、実際に作る前にメリットやデメリット、具体的な用途について確認しましょう。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る