建売住宅を購入するならトイレをチェック!注意したいポイントを解説の画像

建売住宅を購入するならトイレをチェック!注意したいポイントを解説

不動産コラム

建売住宅を購入するならトイレをチェック!注意したいポイントを解説

すでに間取りが決まっている建売住宅では、どんなところをチェックして購入すればいいでしょうか。
広さや間取り、キッチンやリビングの使い勝手など確認しておきたいところは多くあげられますが、実はトイレの場所や使い勝手をきちんと見ておくことがポイントです。
今回は、建売住宅の購入を考える人にトイレで注意したいポイントを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

建売住宅を検討するならトイレの使い勝手に注意するべき理由

住宅を見学するときはキッチンやリビングの広さ、全体の間取り、日当たりなどがまず気になり、トイレのチェックは後回しになりやすいでしょう。
見落としがちなトイレですが、建売住宅でトイレの使い勝手は注意して見ておきたいところです。
トイレはプライバシーが大事な空間で、トイレで発生する音やにおいは周りに気づかれたくないものです。
人の集まるリビングや食事に関わるキッチンやダイニングの近くに、トイレを設置することはやめておいたほうが無難でしょう。
建売住宅のトイレでは、場所や設置数、収納があるかなどをよく見ておく必要があります。
たとえば、3階建ての一戸建てでトイレが1階にしかない家は使い勝手が悪くおすすめできません。
夜中に3階から1階まで階段を下りてトイレに行くのは面倒ですし、暗いなかで寝ぼけて階段を踏み外す危険もあるでしょう。
また、トイレがキッチンやリビングを通らなければいけない場所にあると、来客があるときは居心地が悪く感じることもあります。
リビングに来客者がいると家族がトイレに行きづらかったり、来客者がトイレの際にキッチンのなかを見られたりするのは避けたいですね。
また1階と2階のそれぞれにトイレがある物件の場合は、2階のトイレをよく見ておきましょう。
なぜなら、2階のトイレは1階のトイレに比べて使用頻度が低いことから収納がない場合があるからです。
トイレはトイレットペーパーや掃除道具などしまうものが多いので、収納がないとそれらが出しっぱなしになり見た目に美しくありません。
また、2階のトイレだからと設備を疎かにする業者は住まいに対しての意識が低いと言わざるを得ないので、注意したほうがいいでしょう。

建売住宅で注意したいトイレの使い勝手!変更はできる?

建売住宅のトイレについて、変更したいと思ったらどうすればいいのでしょうか。
まだ建築前であれば無料でトイレの設備変更ができることもあるので、不動産会社に相談してみるといいでしょう。
トイレの機種やドアなどの建具の色が好みに変更できるかもしれません。
すでに建築済みの物件ではリフォームが選択肢となります。
たとえば3階建ての一戸建てでトイレが2か所ある場合に、トイレ掃除の手間を減らしたい場合は、2階のトイレのみにすることもリフォームなら可能です。

まとめ

今回は建売住宅で注意したいトイレについて解説しました。
トイレは頻繁に利用する場所だからこそ、プライバシーが守られる落ち着く場所にしたいですね。
建売住宅を検討する人は、トイレの場所や動線をよく見て実際に暮らしたときに不便を感じないかを注意するといいでしょう。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る