コロナ禍で任意売却の件数が増加!ローン破綻する前に考えるべきこととはの画像

コロナ禍で任意売却の件数が増加!ローン破綻する前に考えるべきこととは

不動産コラム

コロナ禍で任意売却の件数が増加!ローン破綻する前に考えるべきこととは

計画的に住宅ローンを組んだはずなのに、さまざまな理由でローンの返済が滞ってしまうことがあります。
最近増えているのが、新型コロナウイルスの影響で住宅ローン破綻するケースです。
新型コロナウイルスの影響でローン破綻する人が増えている現状や、ローン破綻しないための対策をチェックしていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

新型コロナウイルスの影響で任意売却の件数が増加している!

住宅ローンの返済が滞ってしまう、住宅ローン破綻は、2015年から2019年までは4%程度でした。
つまり、25人に1人くらいの割合で住宅ローンの返済が苦しくなってしまうケースがあるのです。
5%でも多い数字だと思われていましたが、今後住宅ローン破綻の件数はさらに増えることが予想されています。
住宅ローンが払えないという相談件数は、2020年の4月から5倍に増えているのです。
住宅ローン破綻してしまう原因は、4つあります。
1つめは、そもそも住宅ローンの返済計画に無理があった場合です。
2つめは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、収入が減ってしまったことが原因で住宅ローン破綻してしまうケースがあります。
会社が倒産してしまった、解雇された、残業がなくなったことで収入が減ったなど、理由はさまざまですが、思わぬ収入減少で住宅ローンの返済が苦しくなってしまうのです。
3つめの理由は離婚で、4つめの理由は支出の変化です。
離婚により家に入る収入が減ってしまうことが原因だったり、病気やケガなど思わぬ支出で住宅ローンの返済が滞ったりするケースがあります。

コロナ禍で増える任意売却件数!ローン契約時の注意点とは

住宅ローンを契約するときには、住宅ローン破綻しないように検討する必要があります。
大切なのは、将来のさまざまなリスクも考えて無理のないローン計画を立てることです。
病気や離婚は予測できるリスクとして、ローンの返済計画においても考慮しておくと良いでしょう。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大や天災は、予測が難しい事態です。
このようなケースでは、金融機関に住宅ローンのリスケジュールをお願いするのも一つの方法でしょう。
リスケジュールとは、返済期間の延長や一定期間の返済額を減額してもらう方法です。
また、住宅ローンの借り換えを検討する必要もあるでしょう。
住宅ローンの完済が難しいと感じている場合は、早めに任意売却を検討することも大切です。

まとめ

コロナ禍で住宅ローンの返済が滞り、住宅ローン破綻する方が増えています。
住宅ローンの返済が滞ると、最悪の場合は競売にかけられ、手元にはほとんど何も残りません。
そうなる前に、金融機関に相談して任意売却を検討しましょう。
どうしたらよいか悩んだときは、早めに住宅ローンを契約している金融機関に相談するのもおすすめです。
私たち彩西不動産は、一戸建てや土地などの不動産に関する情報を豊富に取り扱っております。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】の画像

    不動産の売却方法② 【仲介で不動産を売却する方法】

    不動産コラム

  • 新築住宅か中古住宅かの画像

    新築住宅か中古住宅か

    不動産コラム

  • 不動産の売却方法① 仲介or買取り?の画像

    不動産の売却方法① 仲介or買取り?

    不動産コラム

  • 不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!の画像

    不動産売却の注目手法!ホームステージングとは何?メリットや費用相場をチェック!

    不動産コラム

  • 建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?の画像

    建売住宅を購入を検討中の人必見・貰える図面の種類とは?

    不動産コラム

  • 空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?の画像

    空き家放置問題について考えよう!危険性などのデメリットとは?

    不動産コラム

もっと見る